税理士法人 浅野会計事務所

名古屋・愛知・岐阜・三重の税理士―会社設立、創業・起業・独立開業支援、融資・資金調達、
税務、節税、相続、補助金・助成金、医業・クリニック・診療所の新規開業

0120-142-976

〒452-0943 愛知県清須市新清洲二丁目9-13

製造業業種別経営のポイント

自社の強みである技術力をいかに発揮するか

税理士法人 浅野会計事務所は愛知県、三重県、岐阜県の東海地方全体で、400件もの大切なクライアント様のお手伝いをさせていただいております。浅野会計のクライアント様の中で多い業種について、業種特性と、業績を伸ばすための経営のポイントをご紹介します。


名古屋市を中心とした愛知県、岐阜県は日本の製造業の中心地です。

浅野会計のクライアント様にも自動車メーカーなどの関連製造企業がたくさんいらっしゃいます。
製造業の経営のカギは、自社の強みである技術力をいかに発揮するかにかかっていると言えます。

名古屋市を中心とした愛知県、岐阜県は日本の製造業の中心地この地域だからといってずっと同じ仕事があり続けるとは限りません。元請会社が海外に進出するなど普通のことです。
しかしながら、コアになる技術力を持っている会社であれば、元請け企業が中国に進出するなど経営環境が大きく変わったとしても、他の業種に転換可能です。その場合には、もちろん資金調達も必要になります。
製造業の生き残り、そして事業拡大のためには絶えず社長様が会社全体様把握しながら、環境の変化を見つめて、利益が出ていればその先の手を打つようにする必要があります。
新しい目標を見つけて、関連会社協力会社にも協力を依頼すれば、新規の仕事を大量に受注することもできます。そういう段取りができる製造企業は伸びて行けますが、できない会社は仕事が他社に取られてしまうこともあります。

例えばある会社の社長様が、元請け会社から材料持ちで「この金額で部品を作ってほしい」と、従来の値段に比べるとずいぶん安く依頼されたケースがあります。そうするとこの社長様は「この値段であればどのように作れば利益を出せるか」と考えるのです。これまでと同じ方法では利益は出ません。しかし工数を減らせば利益は十分出せます。それから生産工程をゼロからすべて変えて、利益が出るようにしてしまうのです。
「その値段ではできません」とは絶対に言わないのです。

社長の構想力に加えて、当事務所が税務会計の観点から資金面でしっかりサポートさせていただくことがとても大切と肝に銘じております。社長から土地購入や工場建設、設備購入などのご相談を受ければ、それを実現するにはどうすればよいかしっかりお答えします。

この地域の製造業の社長様は、取引環境が順調な時に、経営環境が厳しく変化したときのことを考えて準備しておられます。苦しいときに自社の持っている技術力を生かす知恵を出し、汗をかいて生き残って、次の時代に芽を出すことができるのが東海地方の製造業です。


製造業 事務所|事務員