税理士法人 浅野会計事務所

名古屋・愛知・岐阜・三重の税理士―会社設立、創業・起業・独立開業支援、融資・資金調達、
税務、節税、相続、補助金・助成金、医業・クリニック・診療所の新規開業

0120-142-976

〒452-0943 愛知県清須市新清洲二丁目9-13

販売業(小売業・卸売業)業種別経営のポイント

販売業

世の中の流れと経営の微妙なズレを調整するアイデア

税理士法人 浅野会計事務所は愛知県、三重県、岐阜県の東海地方全体で、350件もの大切なクライアント様のお手伝いをさせていただいております。そのうちの約半数は名古屋市のお客様です。
当事務所のクライアント様の中で多い業種について、業種特性と、業績を伸ばすための経営のポイントをご紹介します。


小売業も卸売業も、最近はインターネット通販に押されて厳しい環境にあります。

しかしこの地域の販売業の社長様は、優れたアイデアで乗り切ってをおられます。
例えば岐阜県には古くからの繊維産業が多いのですが、ある繊維会社の社長様は経営が厳しくなったときにご自身で外国に出かけて仕入れを行い、インターネットで通販する事業に乗りだされ、たいへん成功されています。
これまでの製造仕入れのプロセスでは、非常に時間がかかりましたが、輸入に切り替えることで時間を短縮し新たな顧客を獲得しているのです。

小売業も卸売業も、最近はインターネット通販に押されて厳しい環境スーパーマーケットなどの小売業の場合は、やはりお客さんに喜んでいただく視点で、産地直送などに仕入れを変化させることで、環境変化に対応されています。
単に市場から仕入れたものを売るだけでは生き残れない時代になっています。社長のこだわりと知恵が、小売業卸売業の明日を切り開いています。

世の中のお客様の流れと、会社の経営の流れは、毎年毎年微妙にずれて行きます。その微妙なズレは売り上げの変化として現れます。そのズレを調整して次の手を打つのが、経営者の仕事です。
売り上げが減少したら、放置するのでなく、その根本原因を考えて探り当て、営業力が足りなければ補強するし、ライバル商品が安いのであれば対抗する商品を仕入れるといった努力を払って環境変化に対応する必要があります。
「これまでこのやり方で良かったから」といって、その実績にあぐらをかいていては、次の時代に生き残ることはできません。