税理士法人 浅野会計事務所

名古屋・愛知・岐阜・三重の税理士―会社設立、創業・起業・独立開業支援、融資・資金調達、
税務、節税、相続、補助金・助成金、医業・クリニック・診療所の新規開業

0120-142-976

〒452-0943 愛知県清須市新清洲二丁目9-13

医業(クリニック・診療所・病院)業種別経営のポイント

医療法人と個人経営の分かれ目はお子さんの教育問題

税理士法人 浅野会計事務所は愛知県、三重県、岐阜県の東海地方全体で、400件もの大切なクライアント様のお手伝いをさせていただいております。浅野会計のクライアント様の中で多い業種について、業種特性と、業績を伸ばすための経営のポイントをご紹介します。


医業は、売掛金が確実に回収できますから倒産の心配が少ない業種です。きちんと患者さんが集まれば、資金繰り的にも他の業種に比べれば厳しくありません。

そこでクリニックの税務上で大きな問題は、医療法人になるか、個人経営のままで発展するかということです。
医療法人になれば税務上の優遇もある程度受けられますが、これはドクターの考え方次第です。
そこで大きな要因になってくるのが、お子さんの教育です。お子さんが医学部を卒業すれば、その後医療法人成りを考えるドクターも少なくありません。

ドクターは専門家なので専門家意識の強い方が多いと存じます。またたいへんお忙しいお仕事でもあります。
そこで奥様が事務長としてしっかり会計面を把握しておられれば、ドクターは医療に専念できるので、すごく伸びるケースが多いです。

開業されている方ばかりでなく、勤務医の先生方につきましても、確定申告のお手伝いをさせていただいております。

当社は医療、歯科医療についてかなりの数のクライアント様のところにおじゃましておりますので、たくさんのノウハウを蓄積してきております。そうした中で先生方が必要とされることについて会計的、経営的な側面からお役に立てることがたくさんあると認識しております。
なんでもご相談していただければ幸いです。


医業